• Yuri Miyazaki

ある場合には運命っていうのは、絶えまなく進行方向を変える局地的な砂嵐に似ている。

君はそれを避けようと足どりを変える。

何度でも何度でも、まるで夜明け前に死神と踊る不吉なダンスみたいに、それが繰り返される。

なぜかといえば、その嵐はどこか遠くからやってきた無関係な”なにか”じゃないからだ。

そいつはつまり、君自身のことなんだ。

君の中にあるなにかなんだ。

−海辺のカフカ

#photo #text

© 2014 by Yuri Miyazaki

宮崎友里 / 刺繍絵

  • instagram/ikka_riri