• Yuri Miyazaki

見上げるでもなく、見下ろすでもなく、

異なる性質を持ちながら同じ方向を見ている。

対等でありながら尊敬の念がある。

離れる時間が長く訪れても、

付かず離れず、

ふとした時に気にかけている。