Saul Leiter

May 5, 2017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有名になった後も世間から姿を消した後も、ライター氏の生活は何も変わらなかったという。

ニューヨークが生んだ伝説の写真家/ソール・ライター展 へ。

 

「写真は、しばしば重要な出来事を取り上げるものだと思われているが、実際には、終わることのない世界の中に、ある小さな断片と思い出をつくり出すもの」

 

毎朝絵を描き、カメラを持って散歩、コーヒーを買って帰宅したら愛猫レモンの世話。

世間になびかず、また、有名になることと関係なく、自分の”美”をマイペースに追い続けたソール・ライター氏。

 

 

ー取るに足らない存在でいることには、はかりしれない利点があるー

 

 

 

それぞれにとってなじみ深い場所、何も特別である必要はないのだ。

長らくの東京生活もあと少し。一緒に行った友人と、惜しむわけではないけれど5月の陽気に誘われて写真をたくさん撮った。

これからも変わらず日常を見つめたいと思う。

 

Please reload

Featured Posts

雑誌掲載

August 27, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

August 27, 2019

April 8, 2019

November 26, 2018

November 12, 2018

May 27, 2018

Please reload

​Archive