November 23, 2017

初めての長野えびす講煙火大会へ。

江戸時代から続く歴史ある花火大会だと聞いた。

寒く乾燥した冬と信州の気候に花火がうってつけなのだそう。

冬の花火なんて特にロマンティックだ。

夏の線香花火も儚げで好きだけど、これから訪れる厳しい冬の前にして、お腹の奥までいつまでも残る打ち上げ花火の爆発音に胸を熱くする。

November 22, 2017

信州新町美術館〜有馬生馬記念館〜化石博物館へ。

恐竜が目印の3複合施設内に入るとそれぞれに見所満載。

山と青く美しい琅鶴湖(ろうかくこ)の中に美術館。

なるほどかつての有馬氏や芸術家達がこの地を気に入った気持ちがわかる素晴らしいところでした。

November 12, 2017

描きたい絵がもとの場合と、刺繍する糸や土台の素材がもとで動き出します。

季節柄か、今は毛糸や絹糸を使って立体感を出しながら表情を探ることが楽しい。

あまり多く針を刺したくないときは布用絵の具で水彩っぽいのをポイントで足し試しています。

12月予定の展示ではとにかく山、山、で、様々な大きさの土台に一枚ずつ山を刺繍して、ディスプレイした時にどこまでも続く山脈のようになれば、と考えています。

写真の山はビンテージの長いウエディングケープに刺繍してあり、広げるとかなり大きいです。

November 10, 2017

いい額縁に出会ったと友人が画像を送ってきてくれた。

夏の私の個展で友人が選んでくれたビンテージハンカチに刺繍した作品を、どうやって自宅に飾ろうかと考えてくれていたようだ。

友人夫婦のお宅へは何度もお邪魔しているのですが、リビングにディスプレイ空間のようなスペースがあって、そこには二人のお気に入りや(夫婦はともにアーティスト)自身の絵がこだわりを持って飾られている。

そんな空間の中に参加させてもらえたことが恥ずかしながらもとても嬉しかった。

彼女たちの作品やモノに対する姿勢が好きだ。

作る側であっても買う側であってもそれは変わらず、その間にはい...

November 6, 2017

お日柄の良い日に仲良し家族の七五三撮影へ。

周囲にはたくさんお子様のいる友人家族がいるけれど、まめに会っていてもみんな成長が早くて驚く。男の子が成長する様子はおバカだなーと感じれば感じるほどそのまま男の子らしくすくすく育って欲しいと微笑ましく思い、対して女の子というのはいくつになっても気分屋というか先が読めないというか急に大人びたことをしたり言ったりするのでほっておけない魅力がある。

本日のカメラマン、助手も頑張ったけどあっち向いたりうつむいたり・・ちゃんと撮れたか心配!

でもママは綺麗で娘ちゃんは可愛くて絶好の撮影日和でした。

November 1, 2017

信州佐久の苔生す 貞祥寺にてお酒と発酵食を楽しむ、

というお祭りに しなっとお邪魔してきました。

歴史あるお寺のようで山と一体化しているような佇まいが神秘的でした。

手入れをしすぎておらず、劣化も含めて絶妙に良さを残してある姿が美しいお寺。

こだわりがあって美味しい日本酒ならちびちび呑み比べてみたい今日この頃。

醸 KAMOSU

Please reload

Featured Posts

雑誌掲載

August 27, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

August 27, 2019

April 8, 2019

November 26, 2018

November 12, 2018

May 27, 2018

Please reload

Archive